働き方で違う?LPデザイナーに求められる事【インハウス・制作会社】

働き方でLP制作に求められる事が異なる LP制作

今やランディングページはネットビジネスには無くてはならないものです。
その制作スキルの需要も年々高まりを見せていますが、実は働き方によって求められる技術が異なります。
今回は働き方によって異なる制作スキルの重視されるポイントの話をします。

ランディングページ制作スキルの成り立ち

ランディングページは大まかに説明すると「コピーライティング(セールスライティング)」と「デザイン技術」と「Web制作技術(コーディング)」の要素で構成されます。

稀にWebサイト作りと混合している方もいますが、Webサイト(集客の導線)的な面が強いにに対しランディングページは(広告としての役割)が強いです。

ランディングページ制作はWebデザイナーの業務の1つですが、このWebデザイナーの働き方の形態が「インハウスデザイナー」と「制作会社のデザイナー」と大きく2つに分けられます。

インハウスデザイナーがLP制作で重視すべきスキル

インハウスデザイナーというのは「自分の勤務する会社で制作物」を作るデザイナーの事です。

私も小さなネットショップのインハウスデザイナー兼マーケターとして働いています。
基本的なデザイン業務としては「ランディングページの制作」、毎月お客様に発送する「読み物」などを作っています。

一般的にインハウスデザイナーは制作会社のデザイナーと比較するとスキルが低いとよく言われます。

これは紛れもない事実だと自分自身感じます。

インハウスデザインの場合は、「制作物を綺麗に作る」事が目的ではなく「成果に繋がる物」を作る事が目的です。

なのでデザインスキルよりも「セールスライティング」のスキルやマーケティング的な思考が求められます。

自分自身でPDCAを回していく必要があるので、発想力やひらめき力が豊富で「考えて、実行する」事が苦手ではない方が適しています。

インハウス業務の醍醐味の1つが「ランディングページを作って終わり」ではなく、「作ったランディングページで効果測定・検証・広告運用などに取り組める」点が非常に面白いです。

・インハウスデザイナーの場合はデザインスキルよりも、ライティングスキル・マーケティング思考を高めよう。「綺麗に作る」事よりも「成果を出す」事が何よりも重要。

制作会社でLP制作に取り組む場合

所謂、「デザイナー」という職種で多くの方が想像するのが「制作会社で働くデザイナー」だと思います。

制作会社で働くデザイナーの場合はインハウスデザイナーと異なり、クライアントを満足させる圧倒的な「デザイン技術・スキル」が求められます。

インハウスデザイナーとしてLP制作に取り組む場合は「ライティング、LPのラフ、レイアウト・デザイン」等をすべて自分で取り組む必要があります。

しかし制作会社の場合は基本的にクライアントからライティングとランディングページの簡単なラフをもとにデザインをしていく流れが多いと思います。

(仕事の受け方によって全て行う事があるようですが、基本的には制作専門で請負う場合が多いでしょう)

インハウスデザイナーは、ある程度自分の裁量でクオリティを決めれるのですが制作会社で働くデザイナーの場合はクライアントが納得するクオリティの制作物を納品する必要がある為、必然的に高いデザインスキルと技術が求められる事になります。

・制作会社で働くデザイナーの場合はクライアントを納得させる高いデザインスキル・技術が必須

フリーランスデザイナーの場合は

制作会社のデザイナーやインハウスデザイナーとも異なるのが「フリーランスのデザイナー」です。

昨今の副業ブームの中でも注目が集まっているのが、LP制作の案件です。
未経験からWeb制作の技術を身に着けてランディングページの制作をスタートするフリーランス初心者から、制作会社出身のフリーランスデザイナーの方が独立して請け負うケースまで、同じフリーランスでもクオリティの差が一番激しいのがフリーランスデザイナーです。

フリーランスでLP制作を請け負う場合も制作会社同様、高いデザインスキル・技術は必須と言えます。

また、個人の裁量で仕事ができるのでLP制作技術だけではなく、マーケティング・ライティングスキルを身に着けておく事でクライアントのアドバイザー的な付加価値を付ける事で独自性を出す事ができるはずです。

制作会社は会社の看板に仕事が来るのに対し、フリーランスは自分の身一つで仕事をこなしていく必要があります、仕事の幅を決めてしまわずにクライアントの「成果」を考えられるデザイナーになる事ができれば信頼が積み重なって次の案件も任せて貰えるようになるかも知れません。

それぞれ求められる事は違うが共通しているのは「成果につなげる」事

インハウスデザイナー・制作会社のデザイナー・フリーランスのデザイナー、それぞれ求められる事が違いますが、最終的に共通している点は「成果を出すランディングページを作るという点」です。

デザイン技術・スキルの向上は勿論ですが、マーケティングやコピーライティングのスキルも着実に身に着けておけば「成果を出すLP」を作れるデザイナーになれますよ。

完全独学が難しい場合は「オンラインスクール」がおすすめ

当ブログでは「自力で成果のでるランディングページを作れるようになる」ノウハウ・情報を発信しています。
しかし、独学が「効率が悪い」のも事実です。(私も実体験から独学の難しさは身に染みています)

そこで、おすすめしたいのがオンラインスクールです。
オンラインスクールであれば基本的なWebの技術などを満遍なく学ぶ事ができるのでお勧めです。
特にランディングページについても学びたいという方には
Cucua」「Web食いオンラインスクール」の2つがおすすめです。
この2つのスクールは「サブスク型(月額制)」のオンラインスクールになるため一般的なオンラインスクールと比べて学習費用を抑える事ができます。

最短効率で学習を勧めたい方はぜひ検討してみてくださいね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました